2014年12月25日

実習

12月22日、広島大学5年生が実習に来られました。
施設見学と、主に、小児科・内視鏡・往診を体験されました。
特に往診では、「大学とは一味違った『地域との関わり、根ざす医療』を目の当たりにし、高齢化社会における医療・福祉の重要性を感じた。」そうです。
医学生のみなさん、いろいろ体験してみてください
posted by kyoritsu-igaku at 14:30 | TrackBack(0) | 医学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

ランチ会

12月17日は、今年最後のランチ会です。先週は、クリスマスバージョンでした。クラッカーをみんなでパーン!ウキウキしました今週はなにかな?
来年のランチ会は、1/7からです。医系学生の皆さん、初めての方も歓迎です。広大霞キャンパス近くのサポとセンターで毎週水曜日のお昼にやっています。来てみてね
posted by kyoritsu-igaku at 11:24 | TrackBack(0) | 医学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

医学生、実習レポート

熊本から新幹線で5年生の医学生さんが病院実習に来られました。新幹線の所要時間は2時間弱とても速いのにびっくりです。
でも、さすがに日帰りは大変なため 当直室に泊まられて、当直研修もしていただきました。
地域医療を中心とした共立病院での、急性期医療等の研修の様子、実習生の感想を紹介します。
スジュール
【一日目】内科ミーティング、施設見学、救急対応見学、沼田診療所からの往診同行、院長面談、当直研修
【二日目】内科ミーティング、救急対応見学、小児科見学、内科一般外来、土砂災害被災地視察、回復期リハビリテーションでの患者・家族・多職種合同カンファレンス
   ※救急対応、当直研修は後期研修医、初期研修医と一緒に行動
実習レポート
地域に密着した病院内外での現場を見ることができ大変経験になりました。内科ミーティングに病棟事務・外来事務も参加することに驚きました。指導医、初期研修医に検査値の味方について教えて頂きました。
往診では患者さんだけではなく家族と医療を行う現場をより近くで感じました。
患児の聴診を実際にし、マイコやRSウィルスなどを見学できました。被災地の現場では、復興がまだまだな場所がたくさんあることに驚きました。回復期リハビリテーションの患者・家族・多職種カンファレンスでは、退院後のことまで考えることの大事さを感じました。
感想
往診で、患者さんの私生活を見ることができ、病院にいるだけではわからない現場を見ることの大切さを学びました。医師の各患者さんと、その方のご家族への対応が、各家庭で少し違っているように感じ、多種多様なコミュニケーションの仕方の大切さを見て感じることができました。
小児科・内科では大学とは違った患者さん方を実習できました。
回復期リハビリテーション病棟では、院内の医療だけにとどまらず、家庭の衣食住までにも気を配る医療に触れることができました。患者さんの背景像を普段から考えるようにしていきたいと思います。

共立病院後継者育成室より
冬休み、春休み実習募集しています。
有意義な実習になるようにスケジュールは希望を聞きながら調整しています。
ご希望の方のご連絡お持ちしています。
posted by kyoritsu-igaku at 17:11 | TrackBack(0) | 医局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする