2014年10月31日

医学生のつどい㏌京都

10/25〜26に、京都で行われた「医学生のつどい」に行ってきました。全国から学生・職員合わせて100名が参加しました。
 8月に行われた「第35回医学生のつどい」の総括と、「終末期の医療倫理」についての学習会が主な内容でした。「総括」は、事務局から提案された総括文をグループ別に検討するのですが、想像以上に色々な意見が出て面白かったです。このようなディスカッションは、将来仕事をしていく上で役に立つそうです。なるほど。「終末期の医療倫理」は、「ドラマで考える医療倫理(服部健司群馬大学教授)」を教材に、ドラマの結末を考えるというテーマでディスカッションしました。患者、家族に気持ちにそうこと、医師としての考え方の基準など学ぶことの多い内容でした。講演いただいた堀口信医師(北海道・函館陵北病院 全日本民医連医療倫理委員会委員長)が紹介された「死は人生の終末ではない。生涯の完成である。」という言葉が印象的でした。
 終了後は、もちろん京都観光。京都最古の禅寺「建仁寺」に行きました。庭を眺めながらゆったりとしたひとときを過ごしました。
 「つどい」は、学習でき、ディスカッションができ、何より全国の学生とつながることのできる素敵な催しです。開催地での観光のおまけ付。皆さん行きましょう!

IMG_0941.JPG
posted by kyoritsu-igaku at 11:12 | TrackBack(0) | 医学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

2014年夏実習の感想

すっかり秋らしくなってきました。皆さま、お元気ですか。
夏には、たくさんの学生さんが訪れました。感想の一部を紹介します。

高校生一日医師体験 
 ・たくさんの方々が携わって、一人一人の患者さんに向き合っていることを実感した。
 ・今まで見たことのなかった医療の現場を見ることができとても興味深かった。
 ・将来、手術をしたいと思っているので、わくわくしながら縫合体験をした。
 ・前よりも明確に医師になりたいという理由を見つけることができた。この目標に向かって頑張ろうと思った。

広島大学医学部早期体験実習
 ・専門領域以外の職場を見学でき、大変勉強になった。
 ・内視鏡をさわらせてもらったり、手術を見ることができ嬉しかった。
 ・将来に役立つ貴重な体験ができた。

病院実習
 ・見学だけでなく、実際に参加した実習が多く、貴重な体験がいくつもできた。
 ・小児科外来の診察を間近に見ることができ良かった。
 ・往診に同行し、地域医療の実態を学ぶことができた。
IMG_1655.JPG

実習に参加すると、様々な発見があります。また、学生生活のことや研修のことなど、医師からのアドバイスもとても参考になります。

実習を希望される学生の皆さま、ご連絡ください。ご希望にそったプログラムを準備します。
ホームページからも申し込むことができます。
お待ちしています。

広島医療生協 広島共立病院
後継者育成室 岩井 代利恵・栗栖 皆代
〒731-0121 広島市安佐南区中須2丁目20番20号
TEL:082-879-1111 担当者携帯:080-5232-5479
E−mail:medi-wing@hiroshimairyo.or.jp
posted by kyoritsu-igaku at 16:28 | TrackBack(0) | 実習レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生サポートセンター ランチ会

後継者育成室 栗栖です。
朝晩涼しくなりましたが、風邪などひいでいませんか?
先日のランチ会はでした
おでんの季節ですねぇ。
来週水曜日もランチ会あります。
ほっと一息しませんか。

DSC_0093.JPG
posted by kyoritsu-igaku at 12:45 | TrackBack(0) | 医学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする